.NETによるスマートクライアント・アプリケーションの開発
コース番号:509
日数:5日間(ご希望に合わせた日数・内容のカスタマイズが可能です)
形態:ハンズオン

研修コースの概要

.NETのような強力なクラス・ライブラリを効率よく使いこなすには、それらが提供するクラスのできるだけ多くを使用する経験を積み、さらにそれらがフレームワークの中でどのような役割・構成で使われるかを良く理解する必要があります。本講座ではWindowsアプリケーションで使われる数多くのGUIクラスについて実習を通して使用法および内部構成・動作を学習します。また国際化、DataSetやXMLとデータベースとの結合、データバインディング、GUIパフォーマンスを上げるための並行プログラムと同期、独自のカスタムコントロールの作成、Webサービスとそのクライアントの構築など高度な機能についても実習を通して深く学びます。中・上級の設計者・プログラマの方々に.NET上でのWindowsアプリケーションの作成法を短期間で効率よく学習して頂くことを目的にしています。

この研修では次のスキルが習得できます

  • C#とVisual Basic 2008を使ってWindowsアプリケーションとスマートクライアント・アプリケーションをプログラムする
  • 高度な.NETコントロールを使って充実したグラフィカル・ユーザー・インターフェイス(GUI)を設計する
  • シリアル化、ファイルの入出力、マルチスレッド、グローバリゼーションに.NET Frameworkを活用する
  • データバインディングによりデータの検索と更新を促進する
  • .NET印刷コンポーネントとVisual Studio 2008のCrystal Reportにより出力を行う
  • カスタムコントロール、ユーザーコントロールを作成して、迅速にアプリケーション開発を行う
  • Webサービスや、Webベースのアプリケーションをデプロイするためにインターネットを利用する

この研修の対象者

この講座は、.NETが提供する多くのGraphic User Interface(GUI)コントロールやコンポーネントについて解説・実習を通して深く学ぶことを目的としており、すぐに.NETのデスクトップ・アプリケーションの開発を始める方や、他の環境から.NETに移行する方に最適です。実習は各自の目的・好みに応じてC#あるいはVB.NETのいずれかで行えます。受講には.NET言語、C++、Java、などのプログラミング言語の経験が必要です。

コース内容

デスクトップ・アプリケーション開発の概論 Windowsフォームアプリケーションの構築

  • フォームとコントロールのプログラミング
  • 継承による機能の拡張
  • Visual Studio 2008による開発の迅速化

Windowsユーザーインターフェイスの設計

  • GUIをデザインする上での要素
  • Officeスタイルのアプリケーションの開発
  • 入力を得るためのダイアログ

.NET Frameworkの活用

  • 国際対応アプリケーション
  • Outlookスタイルのアプリケーションの設計
  • マルチスレッド・インターフェイスの構築

データバインディング

  • .NETデータバインディングの構成
  • ADO.NETデータバインディングの特徴

印刷とレポート作成

  • .NETの印刷クラスの利用
  • カスタムコントロールの作成
  • Windowフォームコントロールのホスティング
  • インターネット上で使用可能なアプリケーション