アジャイル手法を使った要件の引き出しと開発
コース番号:430V
日数:2日間(ご希望に合わせた日数・内容のカスタマイズが可能です)
形態:ワークショップ
PDU:14PDU (Technical: 10PDU, Leadership: 2PDU, Strategic&Business: 2PDU)

研修コースの概要

アジャイルソフトウェア開発に関して、ケーススタディを通して、ユーザー要件を満たすアプリケーションを開発するために反復的で、機能駆動で顧客主導のアジャイル開発手法を学びます。さらに、このトレーニングを通じてアジャイル開発チームの色々な役割を演じる事で、実践的な体験をします。

Project Management Institute

この研修では次のスキルが習得できます

  • アジャイルとウォーターフォールの特徴の違いを踏まえた、アジャイルの基本的な考え方
  • アジャイルでの要件の引き出しとユーザーストーリーの書き方
  • アジャイルでの計画立案と進捗管理の手法
  • アジャイルでのテストの考え方(自動テスト、テスト駆動開発等)
  • アジャイルでのチーム運営と継続的改善、そして具体的な手法

この研修の対象者

アジャイル開発に興味のある方、これから関わろうとしている方、また、既にアジャイル関わっている方。

コース内容

アジャイルソフトウェアエンジニアリング概論

  • ソフトウェアエンジニアリング
  • 伝統的開発方法論
  • アジャイル開発方法論

アジャイル要件の収集

  • ケーススタディの紹介
  • 要件を引き出す
  • ユーザーストーリーを書く
  • スクラムマスター
  • 開発チーム
  • スクラムのイベントと成果物

アジャイルプランニングとモニタリング

  • アジャイルプロジェクトマネジメント
  • 機能に優先順位を付ける
  • 作業量を見積る
  • ビジネス価値を見積る
  • 進捗をモニターする
  • 変更管理

ユニットテストとリファクタリング

  • ユニットテスト
  • テストのためにクラスを孤立させる
  • リファクタリング

アジャイルチームの最適化

  • アジャイルチームの定義
  • アジャイル開発の規模
  • チームの生産性を最適化する

レビューとレトロスペクティブ

  • レビュー
  • レトロスペクティブ
  • アジャイルのプラクティス

演習の内容

コースではソフトウェア開発のケーススタディを使用し、下記の演習を進めていきます。

  • SWOT分析、反復開発
  • 設計
  • 要件を引き出す
  • ユーザーストーリーを書く
  • ユーザーストーリーに優先順位をつける
  • ユーザーストーリーの作業量を見積る
  • ユーザーストーリーのビジネス価値を見積る
  • バックログを作る
  • アジャイルチームの最適化
  • アジャイルソフトウェア開発をレビューする
  • アジャイル宣言の原則