組み込み系ソフトウェアのためのソフトウェアシステム分析と設計
コース番号:322C
日数:4日間(ご希望に合わせた日数・内容のカスタマイズが可能です)
形態:ワークショップ

研修コースの概要

このコースは、有効性や威力が立証されているソフトウェア・システムの分析・設計の手法について、総合的に解説するコースです。従来のプロセスモデル化アプローチおよびオブジェクト指向の標準手法としてのUMLに関する技術を習得できます。

この研修では次のスキルが習得できます

  • 要件の分析に体系的な手法を使う
  • 構造化分析と設計手法
  • オブジェクト指向の分析と設計手法としてのUML
  • 品質の高いテスト可能な設計を作り出す、効果的な問題解決のアプローチを選択する

この研修の対象者

組み込み系のソフトウェア開発に携わるソフトウェア・エンジニア、システム分析者や設計者、プロジェクト・リーダーやマネージャなど、システム分析に関わっている方々に最適です。特に演習では、組み込み系のソフトウェア開発に関するケーススタディを取り上げます。受講には、ソフトウェア開発の知識があることが望まれます。

コース内容

組み込みシステム概論

  • 組み込みシステムの開発
  • 組み込みシステムの特徴
  • 組み込みシステムのアーキテクチャ

分析と設計の概要

  • ソフトウェア・ライフサイクル
  • 分析と設計に関する留意点

構造化分析設計手法

  • 構造化分析設計手法とは
  • 構造化分析
  • リアルタイム・システムへの拡張
  • 構造化設計
  • 設計上の留意点

オブジェクト指向の分析設計手法

  • オブジェクト指向のパラダイム
  • オブジェクト指向のアプローチ
  • 再利用のためのパターン
  • 分析と設計段階における品質

    • 開発ライフサイクルの選択
    • 効果的なレビュー方法
    • 品質評価モデル