プロジェクトマネジメント:成功のための技能Ⅱ -遂行-
コース番号:297M
日数:2日間(ご希望に合わせた日数・内容のカスタマイズが可能です)
形態:ワークショップ
PDU:14PDU (Technical: 14PDU, Leadership: 0PDU, Strategic&Business: 0PDU)

研修コースの概要

プロジェクト管理は、適切な計画と遂行時の管理の両面が必須です。このコースでは、プロジェクト遂行をどのようにコントロールしていくかに焦点をあてています。最初にコントロールするための準備や基本的な考えをおさえたうえで、プロジェクト遂行の各局面をプロジェクトマネジャーとしてどのように管理していくか、リスク認識や活動内容を考えて行きます。講義だけでなく、ワークショップでの活動も併せて「実務で使える」ヒントを得ていただくことを目指します。

Project Management Institute

この研修では次のスキルが習得できます

  • プロジェクトを計画に沿って進めていくために、コントロールが重要であることを理解する
  • 達成度の測定基準を設定する
  • 品質を確保する手段を定義する
  • 外部への委託を管理する
  • プロジェクトのコントロールに関わるプロセスを識別する
  • タスクのプロセスを監視する
  • 計画とのずれを分析する
  • プロジェクトの軌道を修正する方法を検討する
  • プロジェクトの進捗状況を追跡する
  • 欠陥情報を収集・分析して対応を取る

この研修の対象者

ITSSのレベル3~4の方が対象です。リーダレベルのプロジェクト管理経験があり、要求される品質の成果物を予算内、期間内に納入するために、効果的なプロジェクトコントロールのスキルを身に付ける必要がある方々に最適のコースです。

コース内容

実行コントロールの確立

  • 実行ガイドライン
  • 達成度の測定基準
  • 変更管理手順
  • 品質の確保
  • 外部委託

コントロールの基本

  • コントロールは重要
  • 監視
  • 分析
  • 修正

プロジェクトの効果的な遂行

  • キックオフミーティング
  • モニタリング
  • プロジェクト報告

プロジェクトフェーズ毎の管理

  • 要件定義フェーズ
  • 設計フェーズ
  • 構築フェーズ
  • テストフェーズ

プロジェクトの終了

  • プロジェクトの完了手続き
  • プロジェクトの評価・反省

受講者の声

「業務にすぐ活かそうと思える事項が多く、有効度が高かった。」

「インストラクターの経験はとても参考になりました。教科書どおりではない内容(生の経験)が実践に役立つと思いました。」

「多くの経験に基づくリアルな話が聞けてとても共感できました。自分の行っているPM業務を振り返り、改善すべき点を多く発見できました。」

「演習中心のカリキュラムであり、説明いただいたことをすぐに演習を通して考える(身に付ける)ことができた。」

「PMがやるべきことを、体系的に、机上の空論だけではなく実際活かせる方法として学ぶことができた。」