変革のマネジメント:人とプロセス
コース番号:297H
日数:3日間(ご希望に合わせた日数・内容のカスタマイズが可能です)
形態:ワークショップ
PDU:21PDU

研修コースの概要

世界の変化、市場の変化、顧客の変化、顧客の期待・満足度の変化、製品・サービスの変化、そして社員の変化。 これらの変化に迅速に対応、応戦するためにふさわしい、企業や組織へどのような「変革」が必要となるのでしょうか?

そもそも「変革」とは一体何をさすのでしょうか?またその変革を常に起こしていくためにはどのようなマネジメント・スキルとツールが必要となるのでしょうか。実は、変革を効果的に実践できる組織の能力は、「人とプロセスの両方」を統合した変革戦略をいかに策定しうまく実行できるかにかかっています。

このコースでは、実践的なワークショップにより、変革のプロセスを通して組織やプロジェクトに属する人々を導いていくための知識とスキルを学びます。

Project Management Institute

この研修では次のスキルが習得できます

  • 人とプロセスの完全な統合によって変革をマネージする知識とスキル
  • 変革を成功させるための、人とプロセスに関するベストプラクティスのアプローチ手法
  • 変革による利益を最大限にすると同時に、リスクによる影響を最小化する知識と手法
  • 中核となる効果的なコミュニケーションのチャンネルを作り、変革への抵抗を克服する手法とスキル
  • 自分の組織のニーズに合った、実践的なツールキットを組み立てる知識

この研修の対象者

以下のような方々に最適なコースです。

  • 「変革」に取り組み始めたものの、あまりの課題の多さに躊躇し始めた方
  • プロジェクトを推進していく過程で、あるいは組織内の様々な立場で、変革の推進に既にコミットしている技術者・管理者の方
  • 企業変革・組織変革への問題意識を強く持たれていて、これから現場でその課題に挑戦して行こうという方
  • そしてまず自らが変革型リーダに成長しようと考えている方

コース内容

「変革」への洞察

  • 変化の特性
  • 総合的な変革戦略の開発

総合的な変革戦略の認識と開発

  • ビジョンを変革の必要性に転換する
  • キープレーヤーの認識と協力体制

変革のマネジメントの枠組みの設計方法

  • 人々の性格と変革へのアプローチ
  • プロセスによる品質向上アプローチ

効果的なコミュニケーション戦略によって変革プロセスを成功に導く

  • 変革への抵抗を減らす
  • 効果的なコミュニケーションの障害

変革のマネジメントに対するカスタマイズされたアプローチを作成する

受講者の声

「変革を導くためのツールを数多く学べた。今会社に求められているニーズと合致しており、大変よかった。」

「全体概要から詳細な内容へブレークダウンしていく流れになっており、理解しやすかった。」

「一般的な知識だけでなく、それを自らの組織・言動に当てはめて考えられるようなケーススタディと演習で、本当に印象深く学ぶことができた。」

「テキスト内容の補足説明の的確さもさることながら、プレゼンテーションの技術や体験談など、たくさんの事を学ばせて頂いた。」

「みんなを惹きつける講義となっており、興味を持って受講する事ができた。また、まんべんなくワークを与えており、参加意識を高めていた。」