Power Excel:分析・意思決定のための上級Excelトレーニング
コース番号:195
日数:2日間(ご希望に合わせた日数・内容のカスタマイズが可能です)
形態:ワークショップ
PDU:11PDU(Technical: 7PDU, Leadership: 0PDU, Strategic&Business: 4PDU)

研修コースの概要

このコースで紹介するスキルを用いることにより、プロフェッショナルとして結果を表す能力を拡張します。
このコースでは、Excelの高度なテクニックを活用して高機能なスプレッドシートを作成します。「what-if」分析、関数、ピボットテーブルを活用して成果を提示する方法を学び、計画策定におけるよりよい決定を支援します。

Project Management Institute

この研修では次のスキルが習得できます

  • ビジネスシーンにおけるよりよい意思決定を促進するためにMicrosoft Excelの機能を活用する
  • キーポイント指標(KPI)をすばやく特定するためにインテリジェントワークシートを作成する
  • 予算計画やプロジェクト計画の策定のため「what-if」分析を行う
  • ピボットテーブル等のExcel機能を利用して大量のデータを要約・分析する
  • Excel機能を自動化する

この研修の対象者

このコースは、データ分析に基づいて意思決定を行うビジネスおよびテクニカル分野のプロフェッショナルの方々、または、Excelの中級から上級レベルの機能に関する知識の強化を望む方々に役立ちます。受講される方には、入門レベルのExcelの使用経験が求められます。

コース内容

トラブルシューティングとプロフェッショナル・ワークブックを強化する

  • ワークブックモデルを開発する

機能を使ってデータを解析する

  • Excel機能を用いてビジネスデータを要約する
  • 計算とネストした数式をコントロールする

「what-if」分析により解を最適化する

  • 不確実性に備えて計画する
  • ワークシートモデルにおける変数を測る

ビジネスの情報を要約する

  • ワークブックとリンクを整理する
  • 範囲を統合する

データベース情報に基づいて意思決定を行う

  • データ解析のためリストを作成する
  • ピボットテーブルを利用してデータをまとめ、精査する
  • ピボットテーブルレポートを見える化して研究する

マクロを使ってExcelの利用を拡大する

  • 反復的なタスクを自動化する

演習の内容

演習では実際にExcelを使用し、以下の演習を行います。

  • 統計的で財務的な計算を行う
  • 「what-if」分析で推測の余地を小さくする
  • 複数のワークシートに含まれるデータを要約する
  • 複雑なビジネスの問題を解決するため、値の最適な組み合わせを決める
  • エラーを抑え、保守の必要が少ない数式を設計する
  • ピボットテーブルを用いてインタラクティブなデータ報告書を作成する
  • マクロを用いてデータ解析を簡素化する

受講者の声

「インストラクターの実演を見ながら演習ができ、とても分かりやすかった。知識が広がり充実した2日間だった。」

「エクセルの使い方だけでなく、データ分析の進め方、考え方を学べた点が良かった。」

「一般的とはいえない分析手法や最近の手法が学べてよかった。ビジネスに活用する方法を教えてもらえた。」

「エクセルの講義ではあるが、マネジメントをどう行うかの視点からの取り組みがあり、良かった。」

「普段Excelを狭い範囲でしか活用していないことが実感できる良い研修だった。」